津山文化振興財団が運営するアート・イベント・活動をご案内

お問い合わせ

公益財団法人津山文化振興財団

>
イルカ50thAnniversaryコンサート

イルカ50thAnniversaryコンサート~ほのぼの行こうね!~inつやま

                                                                
       
     ▶ チラシをダウンロードする>>> チラシ表(pdf) / チラシ裏(pdf)
 
 

 
出演者

イルカ


<プロフィール>
東京生まれ。
女子美術大学に在学中からフォークグループを結成、シュリークスを経て、74年ソロデビュー。
翌75年『なごり雪』が大ヒットし、シンガーとしての地位を確立。
80年には女性シンガーソングライター初の日本武道館公演を成功させる。
2021年に50周年を迎え、現在も毎年全国ツアーを続けている。ニッポン放送「イルカのミュージックハーモニー」のラジオパーソナリティは30年目。2004年、IUCN国際自然保護連合初代親善大使に就任。絵本・エッセイの執筆や、母校である女子美術大学にて客員教授も務める。2012年からは「環境と伝統的物作りは密接な繋がりがある!」と「生物多様性」をテーマに着物のデザイン・手描き・染めを手掛けるなど活動の幅を広げている。
母親でもあるイルカは、これらの作品や活動を通じて「私達は皆、この地球という大きな生き物に住む細胞同志である」というメッセージを、世代を超えた沢山の人々へ伝え続けている。

近年、自伝的アルバム「惑星日誌~今、伝えたいこと~」や、息子の神部冬馬も参加したアルバム「原石時代」が好評を得ている。2021年には50周年記念ラブソング・ベストアルバム「あたしだってLove song!」や「冬の贈り物~イルカアーカイブVol.7」を発売。2022年8月、50周年記念オリジナルアルバム「うた の こども」をリリース予定。50周年を経て、ますます精力的に活躍中。
----------------------------------------------------------
▶イルカ公式HP http://www.iruka-office.co.jp/

▶イルカ有料動画配信サイト「まあるい時間~いつもイルカと~」 https://iruka-office.bitfan.id/



太田裕美
            
                              
<プロフィール>
1974年「雨だれ」でデビュー以後「木綿のハンカチーフ」、「赤いハイヒール」、「九月の雨」、「さらばシベリア鉄道」、「君と歩いた青春」など数えきれない名曲を歌い、フォークと歌謡曲のジャンルを超えた新しいシンガーとして、現在のJ-POP女性VOCALISTの道を開いた。
2004年から始まった“なごみーず(伊勢正三・太田裕美・大野真澄)”のライブは200回を超え開催。
また2015年より始まった、太田裕美、庄野真代、渡辺真知子の3名とN響団友オーケストラとの「オーケストラで歌う青春ポップスコンサート」も大好評を得る。
2017年4月、TV番組「名盤ドキュメント」の放送をきっかけに、1975年発売のアルバム「心が風邪をひいた日」が再び注目を浴び、ネットチャートをにぎわす。その後アナログ盤の復刻発売にまで至る。さらにこの年、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」の劇中歌「恋のうた」を歌い、話題となる。
近年は毎年、東京・京都にてソロコンサートを開催している。
2019年、5月、デビュー45周年記念の7インチアナログ盤「ステキのキセキ」「桜月夜」をリリース。
さらに11月、記念アルバム「ヒロミ☆デラックス」発売。


神戸冬馬
            
          
<プロフィール>
1978年東京生まれのシンガーソングライター。 
2008年にメジャーデビュー。母はフォークシンガーのイルカ。
2009年にJ1リーグヴァンフォーレ甲府の公認応援歌
『君は青い風/泥だらけの靴』など現在までに5枚のCD
(アルバム/シングル)をリリース。
ヴァンフォーレ後援会会長も務める。 
2010年より山梨県公認「やまなし大使」に任命されている。 
2013年よりYBSテレビ『ててて!TV』レギュラー出演(2020年まで)。また舞台出演も開始。代表作に「吾が輩は狸である(主演)」、「夢に向かって(主演)」「スガナレル」などがある。
2016年7月にベルウッド・レコードより最新アルバム「夢みるくじら」をリリース。同年、山梨県立桃花台高校の校歌も作成。
2019年『海ゴミゼロプロジェクトinやまなし』推進リーダー就任。
2020年、母イルカと初の共作楽曲「原石」(作詞:イルカ 作曲:神部冬馬)を発表。
澄んだハイトーン・ヴォイスを持ち味に、ライブやイベントで活動中。トークイベントMCやナレーションなども行っている。
趣味は旅行、スポーツ観戦、料理、ゲーム、サウナ(健康アドバイザー資格保有)、ディズニー研究、エアライン研究など多岐にわたり、多趣味を生かしたトークが数多くのラジオ番組で生かされている。
<2022年5月現在のレギュラーラジオ番組>
『ケミかるベース』『フリーダム!』『ヴァンフォーレ甲府実況中継』(FM甲府) 
『神部冬馬のトランスファーRadio』(八王子エフエム)
『山梨ラジオアカデミー』『ミライへのうた』(YBSラジオ)
『神部冬馬のピースフルデイズ』(FMふじやま)

▶公式サイトhttp://tomakambe.net

          
          
                 

2022年10月10日(月・祝)
  津山文化センター 大ホール
 

  
時   間
 
13時45分開場 / 14時30分開演
 
  
料   金 全席指定・税込
 
一   般    5,500円(当日 6,000円)
大学生以下    2,000円(当日 2,500円)
財団友の会会員  4,800円 
  

 ※ 未就学児入場不可

 ※ 前売り券が完売の場合、当日券の販売はありません。

 ※ 車いす席をご希望の方は、チケット購入前に問い合わせ先までご連絡ください。

 ※ 諸般の事情により、出演者が変更となる場合もありますので、予めご了承ください。


 
チケット発売日
 
 一 般 発 売

(窓口販売)8/1日(月)、10:00~
(電話予約)8/2日(火)、10:00~                           

            
 先 行 発 売
 
 津山文化振興財団  (窓口販売)7/18(月・祝)10:00 ~ 
  友の会会員    (電話予約)7/19(火)10:00 ~ 
               
 

 
プレイガイド  
 
津山文化センター
チケットぴあ(Pコード:220-507)
ローソンチケット(Lコード:63346
   
  

   

 当公演の開催にあたっては、政府の基本的対処方針並びに業種別ガイドライン等を遵守し、感染防止対策を徹底したうえで開催いたします。

 また、岡山県内でのイベントを開催するにあたり、下記「感染防止策チェックリスト」を公表いたします。 >>>「感染防止策チェックリスト」(PDF)

 お客様が安心して公演をお楽しみいただけるよう、出演者・スタッフは感染拡大予防対策の徹底に努めてまいります。お客様におかれましても予防対策へのご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

 


 

~ご来場のお客様へのご協力のお願い~

 

以下に該当する方は、ご来場をお控えください。

●37.5度以上の初熱や咳、のどの痛みなどの症状がある方や全身倦怠感など体調がすぐれない方、新型

 コロナウイルス感染症陽性の方との濃厚接触がある方や過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の

 観察期間を必要とされている国・地域への訪問歴及び該当在住者との濃厚接触がある方。

●基礎疾患がある方、妊娠中の方など医師の判断や関係機関の情報をご確認の上、慎重なご判断をお願い

 します。

●入場時の検温にご協力ください(37.5度以上の発熱がある場合は入場をお断りさせていただきます)。●館内では、常時不織布マスクの着用と咳エチケットの励行をお願いします。

●館内設置の消毒液や、手洗いなどこまめな手指の消毒をお願いします。

●入場時、チケットの半券はお客様ご自身で切り取っていただくようご協力ください。

●館内では、周囲の方との距離を1メートル以上空けて密集を避け、大きな声での会話は控えてください。●客席やホワイエでの飲食(水分補給は除く)はご遠慮ください。

●出待ち、入待ち、楽屋への面会などはご遠慮ください。

●出演者への花束やプレゼント、差し入れなどはお控えください。

●終演後は、分散退場にご協力ください。

●万が一感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がござ

 いますのであらかじめご了承ください。

●新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のご登録にご協力ください。

 



 
■主          催 /(公財)津山文化振興財団
■後    援 / 津山市、山陽新聞社、津山朝日新聞社、テレビ津山
■提供 / イルカオフィス ■企画制作/SKIYAKI LIVE PRODUCTION
■協力 / IUCN国際自然保護連合・日本クラウン
 
 
■お問い合わせ  / (公財)津山文化振興財団 TEL0868-24-0201