牛田智大コンサート

宝くじ文化公演 大阪交響楽団と若き俊英ピアニスト牛田智大による名曲コンサート 終了しました                       

 
 
 
 
             
                                  チラシのダウンロードはコチラ>>>
                                                                             
         
   「大阪交響楽団と
     若き俊英ピアニスト牛田智大による名曲コンサート」
     
                     幼いころから数々の国際コンクールで優秀な結果を残し続け、更なる活躍が期待されてい
                        る牛田智大。リストの「ピアノ協奏曲第1番」を演奏します。
         また、まもなく創立40周年を迎え、精力的に全国各地で公演を行う大阪交響楽団と、
                        ドヴォルザークの「新世界より」をコラボレーション。誰もが一度は聞いたことのある楽曲を
                        ご提供いたします。宝くじの助成による特別料金で最高の演奏をお楽しみください。
        
 
 
     指 揮 / 寺岡 清高 Kiyotaka Teraoka
            
                c)木村 護
              ▶プロフィール 
                早稲田大学第一文学部卒業。桐朋学園大学を経て、
                ウィーン国立音楽大学、イタリア•シエナのキジアーナ音楽院で学ぶ。
                1997年同音楽院より「フランコ・フェラーラ大賞」を授与され、
                1年間ジャンルイジ・ジェルメッティのアシスタントとしてロンドン・コヴェントガーデン、
               ミュンヘン・フィル等に同行し研鑽を積む。これまでに指揮を高階正光、
               ウロシュ・ラーヨヴィッチ、湯浅勇治、カルロ・マリア・ジュリーニ、ヨルマ・パヌラ、
               ネーメ・ヤルヴィの各氏に師事。2000年ミトロプーロス国際指揮者コンクール優勝。
               以降、フェニーチェ歌劇場管、サンクト・ペテルブルグ・フィル、オランダ放送管、
               ウィーン室内管、イギリス室内管を始め、ヨーロッパ各国のオーケストラへ客演。
               日本では2001年に大阪交響楽団を指揮してデビュー。これまでに札響、仙台フィル、
               新日フィル、東京シティ・フィル、日フィル、名フィル、セントラル愛知響、関西フィル、
               九響等を指揮している。大阪響とは2004年1月の正指揮者就任以来緊密な関係を続け、
               2011年4月には同楽団常任指揮者に就任、現在に至る。
               同楽団との第176回定期演奏会で2013年度の大阪文化祭賞を受賞。ウィーン在住。
 
 
     ピアノ / 牛田 智大 Tomoharu Ushida
 
                  
     ▶プロフィール
               1999年福島県いわき市生まれ。父親の転勤に伴い生後すぐ上海に移りピアノを始める。
               2005年(5歳)、第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位受賞。
               2008年~2012年(8歳~12歳)、ショパン国際ピアノコンクールin ASIAにおいて5年連続第1位受賞。
               2012年(12歳)、第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクールにおいて最年少1位受賞。
               同年、日本人ピアニストとして最年少(12歳)でユニバーサル・ミュージックよりCDデビュー。
               その後「想い出」(2012年)、「献呈~リスト&ショパン名曲集」(2013年)、「トロイメライ~
               ロマンティック・ピアノ名曲集」(2014年)、「愛の喜び」(2015年/レコード芸術特選盤)、
              「展覧会の絵」(2016年/レコード芸術特選盤)などが発売されている。
               各地でのリサイタルに加え、シュテファン・ヴラダー指揮ウィーン室内管(2014年)、
               ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管(2015年/2018年)、小林研一郎指揮
               ハンガリー国立フィル(2016年)、ヤツェク・カスプシク指揮ワルシャワ国立フィル(2018年)
               各日本公演のソリストを務めている。
             (UNIVERSAL MUSIC https://www.universal-music.co.jp/ushida-tomoharu/)
          
 
 
     管弦楽 / 大阪交響楽団
             
     c)飯島隆                       

              ▶プロフィール

      1980年創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。
     永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。
     いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。
     1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、
     オーケストラとしての基礎を築いた。その後曽我大介を音楽監督・常任指揮者に、
     さらに大山平一郎がミュージックアドバイザー・首席指揮者に、
     そして2008年4月からは児玉宏が音楽監督・首席指揮者に就任、
     その活動ぶりと演奏は各方面から高い評価を得た。
     楽団名を「大阪シンフォニカ-」から2001年1月に「大阪シンフォニカ-交響楽団」、
     さらに2010年4月に「大阪交響楽団」と改称。また支援組織として、
     1988年大阪シンフォニカー協会が設立、2008年12月に一般財団法人となる。
     さらに2012年4月に支援組織と楽団を統合し、一般社団法人大阪交響楽団となった。
     2000年本拠地を大阪府堺市へ移転。2006年4月、大和ハウス工業株式会社
     代表取締役会長樋口武男氏が運営理事長に就任している。
     2015年4月には二宮光由が楽団長・インテンダントに就任。
     さらに2016年4月からは、日本楽壇最長老の外山雄三がミュ-ジック・アドバイザ-に就任、
     2004年1月から正指揮者として、また2011年4月からは常任指揮者に就任した寺岡清高氏
     (2000年ミトロプーロス国際指揮者コンクール優勝)の両指揮者陣のもと、
     さらなる楽団の飛躍が期待されている。

     (公式HPhttp://sym.jp/

 

 

                ~ プログラム ~

          モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲

          リスト:ピアノ協奏曲第1番ホ短調(牛田智大)

         ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」

               ※都合により、曲目その他を変更する場合があります。

 

 

 

2018年9月24日(月・振休)
  音楽文化ホール・ベルフォーレ津山
 
  
時   間
 
13時30分開場 / 14時00分開演
 
  
料   金 ※全席指定  ※未就学児入場不可
 
一   般 / 3,000円(当日3,500円)
 
高校生以下 / 1,500円(当日2,000円)
 
※宝くじの助成による特別料金です。 
※前売券完売の場合は、当日券の発売はございません。
 
 
チケット発売日
 
前売一般発売開始 ▶好評発売中!!(7月5日(木)10:00~ )
 
 
プレイガイド 
 
津山文化センター、ベルフォーレ津山、ヨシダミュージック、ピアノ工房アムズ、
津山市勝北文化センター、津山市加茂文化センター、久世エスパスセンター 
◆ローソンチケット 0570-084-006(Lコード:61698)   ※ローソン各店
◆チケットぴあ   0570-02-9999(Pコード:116-356) ※セブンイレブン/サークルK・サンクス各店
 
 
 
■主          催 /津山市、(公財)津山文化振興財団、(一財)自治総合センター
■後    援 /山陽新聞社、津山朝日新聞社、テレビ津山、NHKサービスセンター
 
 
■お 問 合 せ  /(公財)津山文化振興財団
        〒708-0022 津山市山下68 津山文化センター
          電  話:0868-24-0201  FAX:0868-24-1199
        <営業時間>9:00~17:00 ※土・日・祝日を除く
 
 
 
 

 

TOP PAGEへこのページの先頭へ